マネジャーのための内省と対話について具体例で解説

内省

こんにちは 内省力発掘ジンジニアのMakiです。

この記事では内省を促す対話の例について紹介します。
マネジャーの皆さんはチームメンバーと対話するときにどのような会話を心掛けていますか?会話の中で相手の内省を促すためにはどのようなことを意識する必要があるのかヒントになるような材料を提供できればと思っています。

はじめに

初めに参考になる記事を3つほど紹介します。こちらもよかったら見てください。

▼こちらの記事で内省と対話の場で意識してほしいポイントについて記載しました。内省と対話ってどうして必要なのだろうかなどポイントを整理したい方はまずこちらを読んで見てもいいと思います。

内省と対話の場で意識してほしいこと
この記事は内省と対話というテーマでに書いていきます。内省だけじゃダメなの?対話も必要なの?と思っている方もいるかと思いますが、この記事では内省と対話によってどのような効果があるのかと意識してほしいポイントを整理して説明していきたいと思います。

▼対話で気を付けなければいけないことは大体わかっているんだけど、どのように問いを投げかければよいのかわからないといった場合はこちらの記事がおすすめです。

効果的な内省のプロセスとは
内省の重要性はわかっているけど、どうやって実践するのが効果的なんだろうと悩んでいるという方に向けて効果的な内省の方法について紹介していきたいと思います。

▼1 on 1 の対話って何のためにやるのかといった部分を知りたいという方はこちらがおすすめです。

One On Oneは何のため?
「One On One」とは仕事の中で上司と部下が一対一で行う個人面談(One On One Meeting)のことを指します。 この記事では「One On One」は何のためにやるのかについて紹介します。

内省を促す対話ってどんなもの?

内省を促す対話をするためにはどんな事を心掛ける必要があるのか?今回は3点ほど対話の例を用いながら説明を加えていきたいと思います。BadパターンGoodパターンに分けて会話を見ていきたいと思います。

登場人物
田中部長:佐藤課長の上司、内省を促す人
佐藤課長: 田中部長の部下、対話の主人公

対話例① 関心を示す

一つ目のポイントは相手に関心をもって対話をすることです。

まず、こちらを見てください。

Bad パターン

田中部長佐藤課長
仕事は順調に進んでいますか?
数字が合わなくて困っています。
計算のやり方に問題があるのかもしれません。
わかりました。
作業を続けて今日中に仕上げてください。

次にこちらを見てください。

Good パターン

田中部長佐藤課長
仕事は順調に進んでいますか?
数字が合わなくて困っています。
計算のやり方に問題があるのかもしれません。
なるほど。
今日が期限となっていますが、何かサポートした方がいいことはありますか?

どうでしょうか?Goodパターンの方は田中部長は佐藤課長に関心をもって何か手伝えることがないかと意見を求めています。これによって佐藤課長は自分の頭で考えを巡らせるきっかけが生まれました。

対話例② 相手に主導させる

次のポイントは相手に話を主導させるという視点です。

Bad パターン

田中部長佐藤課長
チームリーダーの仕事が難しく悩んでいます。
たくさんの指示を出していますがメンバーに多くを要求しすぎている気がします。
それはそういうものだと、割り切るしかないですね。
チームの雰囲気は常に期限に追われているような状態で余裕がありません。
メンバーの状況を確認するためにランチミーティングをするとかはどうですか?
進捗確認の場を夕方に設けてもいいかもしれません。
わかりました。やってみます。

Good パターン

田中部長佐藤課長
チームリーダーの仕事が難しく悩んでいます。
たくさんの指示を出していますがメンバーに多くを要求しすぎている気がします。
なるほど。チームの雰囲気はどのような状態ですか?
チームの雰囲気は常に期限に追われているような状態で余裕がありません。
なるほど。今どのような事が問題だと思いますか?
チームの連携を心掛けたいと思っているのですが、人によって自分の担当業務だけに固執してしまって協力関係を築けていない人がいます。
その人の姿勢を変えてあげたらうまく進みそうですか?
そうかもしれません。ですが、どのように接していいのかよくわからないのです。
まずは、その方がどのように思っているのか聞いてみたらどうですか?
確かに聞いてみてもいいと思うのですが、変化に繋がるかわかりません。
考えを理解したうえで進めるのと、このまま進めるのどちらがいいですか?
[... 沈黙 ...] ちゃんと確認してから判断したいです。

Badパターンの方は田中部長が佐藤課長の問題解決を主導してしまっています。一方Goodパターンの田中部長は佐藤課長が次の行動を引き出せるように問いを投げかけながら誘導しています。ですが、アイデアを一方的に伝えるということはせず、自ら判断できるようなサポートをしています。これがここでのポイントです。また、沈黙が最後の問いで起きているのがわかると思います。このような瞬間はまさに内省が促されている場面です。

対話例③ その人の全体を見る

3つ目のポイントはその人全体を見るということです。仕事の中の出来事だけじゃなくプライベートな部分の背景も理解を示しつつ介入をしていきましょう。

Bad パターン

田中部長佐藤課長
子供が生まれてから、毎日忙しくなりました。
最初のうちは大変ですよね。
最近は睡眠時間が十分に取れず仕事にも影響が出ています。
仕事が一段落したら数日間休暇を取ったらどうですか?

Good パターン

田中部長佐藤課長
子供が生まれてから、毎日忙しくなりました。
最初のうちは大変ですよね。どんな事に困っていますか?
最近は睡眠時間が十分に取れず仕事にも影響が出ています。
なるほど、どのようなサポートが必要ですか?
斎藤さんと仕事を分担できればと思っています。そうすれば、だいぶ気持ちが楽になります。

Good パターンの対話では田中部長は相手立場に共感をしながら、俯瞰的に状況をとらえてどのような解決策が取れるのかを相手に問いています。ここでも主導権はあくまで佐藤課長にあるという状況を残しながら会話を進めています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は内省を促す対話について具体的な例を用いながら説明しました。

対話の例で用いたポイントは次の3点です。

1. 関心を示す
2. 相手に主導させる
3. その人の全体を見る

関連ページ

  • 計画と振り返りで内省の習慣化ができるリフレクションノート販売決定!
計画と振り返りで内省の習慣化ができるリフレクションノート販売決定!
この記事では現在販売を予定している内省の習慣化のための「Reflection Notebook」について紹介いたします。 10月以降の販売を予定しておりますので応援していただけますと嬉しいです。
  • 内省と対話の場で意識してほしいこと
内省と対話の場で意識してほしいこと
この記事は内省と対話というテーマでに書いていきます。内省だけじゃダメなの?対話も必要なの?と思っている方もいるかと思いますが、この記事では内省と対話によってどのような効果があるのかと意識してほしいポイントを整理して説明していきたいと思います。
  • One On Oneは何のため?
One On Oneは何のため?
「One On One」とは仕事の中で上司と部下が一対一で行う個人面談(One On One Meeting)のことを指します。 この記事では「One On One」は何のためにやるのかについて紹介します。

参考ページ

内省と対話について書かれている外部のページを紹介します。

  • 『内省と対話』によって思考の質は高まるか?
『内省と対話』によって思考の質は高まるか?|福村健一|note
『内省と対話』により、人は成長する。先日参加したイベント「朝渋 人生デザイン学」での伊藤羊一さんの言葉です。 『内省と対話』―――。体験談も交えた伊藤さんの言葉は私の心に響きました。でもこれ、実際にやってみるとすごく地味なんです。魔法の杖でも銀の弾丸でも何でもない。それでも意識してやると少しずつで...
  • リーダーシップ開発と対話と内省(リフレクション)のデザイン、経験のデザイン。
『リーダーシップ開発と対話と内省(リフレクション)のデザイン、経験のデザイン。』
人材開発分野で、最も長く、かつ、多くの人が議論してきたテーマの一つが“ リーダーシップ ”ではないでしょうか。語源から辿ると、リーダーシップとは、「先導者、指…
  • 第2回 マネジメント力を向上させるには(内省と対話こそがマネジャーを成長させる)
マネジメント力を向上させるには(内省と対話こそがマネジャーを成長させる) | 経営全般 | 経営プロ
マネジメント力を向上させるには(内省と対話こそがマネジャーを成長させる)のページです。経営プロでは経営全般、組織・人材、財務・資金、営業・マーケティング、IT・技術、グローバルに関する課題解決・情報発信を通じて、成長できる「情報」「学び」の場を提供します。

おすすめ書籍


リフレクティブ・マネジャー~一流はつねに内省する~ (光文社新書)


ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法


協奏する組織―認識力ある主体の観点から

フィードバックはこちら

  • Leprofront Tech を応援する

    最後までご覧いただきありがとうございました。もし記事の内容に価値を感じていただけたら、お気持ち支援していただけると大変嬉しいです。支援していただいたお金は今後の研究開発に利用させていただきます。

  • LINEに友達登録お願いします。
    友だち追加
    友達登録してくださった方には内省に役立つ質問集のモバイルアプリをプレゼントいたします。
    その他にも最新の情報やクーポンなどのお得情報も発信しております。

  • Twitterフォローお願いします。

    個人的なことやブログになる前の小ネタなどをいろいろつぶやいています。

  • 相談や質問を受け付けております。
    問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました