【Jenkins】ワークスペースの中身を確認する方法

CI/CD
https://jenkins.io/

はじめに

こんにちはSREエンジニアのMakiです。
この記事ではJenkinsのワークスペースの中身を確認する方法について紹介します。
フリースタイルジョブはわかりやすいのですが、Pipelineの場合少しわかりずらいことがあるので参考になれば幸いです。

Jenkins ワークスペースの中身を確認する

  • 【Jenkins】フリースタイルジョブを使いこなそう!
【Jenkins】フリースタイルジョブを使いこなそう!~かわいい子猫の画像を取得してみる~ - leprofront.tech
目次 はじめにJenkins フリースタイルジョブを使ってみようシナリオ1. フリースタイルジョブを作成する設定の入力2. フリースタイルジョブを実行してみるおまけ関連ページおすすめ書籍 はじめに こんにちはSREエンジ
  • 【Jenkins】Pipelineジョブを使ってみよう ~ 基本編 ~
【Jenkins】Pipelineジョブを使ってみよう ~ 基本編 ~ - leprofront.tech
目次 はじめにJenkins Pipelineジョブを使ってみよう ~ 基本編 ~シナリオPipelineジョブを作成する設定の入力スクリプト作成1 (型を理解する)スクリプト作成2 (shellを実行して猫の画像を取得

今回もこちらで作成したジョブを使って確認してみます。

事前準備

ワークスペースの中身を確認したいので、ジョブに設定してあるワークスペース削除の設定は外しておきます。

以下の設定は外します。

  • フリースタイルジョブ
  • パイプラインジョブ
        always{
            cleanWs()
        }

フリースタイルジョブ

フリースタイルジョブのワークスペースはわかりやすいです。

  1. ジョブを実行
  2. ワークスペースを開く
  3. 中身を確認することができる

★ポイント

  • ワークスペースは各実行サーバーごとに作られます。
  • スレーブで実行した場合のワークスペースはスレーブ内に作られます。
  • マスターで実行した場合のワークスペースはマスター内に作られます。

パイプラインジョブ

パイプラインジョブのワークスペースはフリースタイルジョブのときと少し違います。

  1. 実行したビルドを開く
  2. ワークスペースを開く
  3. パスが書かれている部分を開く
  4. ワークスペースの画面にたどり着きます。

★ポイント1

パイプラインジョブの場合はステージによって実行するスレーブを分けたりすることができます。
その場合はパイプラインが実行された場所にそれぞれワークスペースが作成されます。
そういった場合でもワークスペースの参照ができるようにするためにこのようなUIになっていると思われます。

★ポイント2

ちょっと昔のJenkinsを使っている場合はもっとわかりずらい場所にあります。

ビルドの画面上にワークスペースが見当たらない場合は

Pipeline Steps(①) > Allocate node(②)

と辿っていくと確認することができます。

次の記事に詳しく説明されているのでもし、workspaceの場所が見つからなかった場合は参照してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。改めて内容をまとめますと次のようになります。

1. フリースタイルジョブとパイプラインジョブではワークスペースの見方が違う。
2. ワークスペースはジョブの実行環境(マスターやスレーブ)に作られる。
3. パイプラインジョブのワークスペースはPipeline Steps > Allocate nodeから確認できる。

おすすめ書籍


[改訂第3版]Jenkins実践入門 ――ビルド・テスト・デプロイを自動化する技術 (WEB+DB PRESS plus)

初めてJenkinsを学ぶ方におすすめです。


Jenkins

Jenkinsでできることについてもう少し詳しく学びたい方におすすめです。


◆ Twitterで最新情報を配信していきます。フォローお願いします。

◆無料でLINE@にて最新情報を配信していきます。登録お願いします。
友だち追加

◆SREに関する相談や質問を受け付けております。
問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました