効果的な内省のプロセスとは

内省

この記事では効果的な内省のプロセスについて考えてみたいと思います。
内省の重要性はわかっているけど、どうやって実践するのが効果的なんだろうと悩んでいるという方に向けて効果的な内省のプロセスについて紹介していきたいと思います。ぜひこちらの記事をご覧ください。

はじめに

こんにちは 内省力発掘ジンジニアのMakiです。

組織論、特に内省についての研究をプライベートで行っており、日々学んでいる組織論や内省(リフレクション)の実践方法に関する情報、仕事で学んだことを中心にブログを不定期で掲載しています。以前は仕事でSREチームのマネジメントを行っていたので、技術的な情報も一部ブログとして掲載しております。

記事を気にっていただけましたら是非、Twitterのフォローやシェアをしていただけると嬉しいです。質問やフィードバックも受け付けております。コメントもお待ちしております。

効果的な内省のプロセスとは

ORIDメソッドの限界

内省のフレームワークにORIDというメソッドを使う方法があります。ご存じでしょうか?

ORIDメソッドとは以下の4ステップで順番に問いを投げかかけていくことで内省を行うメソッドです。ICA INTERNATIONAL の Laura Spencer さんによって開発されたメソッドです。

  • Objective Question
    客観的事実を引き出すための問いです。
    例)

    • どうした?
    • 事実は何ですか?
  • Reflective Question
    感情や反応を引き出す問いです。
    例)

    • どう感じましたか?
    • どのような反応がありましたか?
  • Interpretative Question
    解釈や意味を確認する問いです。
    例)

    • どのように捉えていますか?
    • どういう意味ですか?
  • Decision Question
    次のステップを引き出す問いです。
    例)

    • 次はどうしますか?
    • 何を変えますか?

このORIDメソッドではいきなり次のステップを確認する問いを投げるのではなく、事実確認、感情の確認、解釈の確認と進めていき最後に次のステップを引き出す問いを投げかけることで内省を実施していく方法です。

これでもいいとは思うのですが、私はInterpretative Questionの中で行われている解釈の確認と意味の確認は分けるべきだと考えています。

その理由は解釈と意味づけでは思考の向きが逆であるため同じくくりにすべきではないと思うからです。

解釈とは
物事や人の言動などについて、自分なりに考え理解すること。

解釈とは - コトバンク
日本大百科全書(ニッポニカ) - 解釈の用語解説 - 一つの理論で、証明なしに主張されている命題を、その理論の公理とよぶことにしよう。この公理を述べるのに使われている単語の意味は、その理論の使われる場面によって明らかであることも多い。しかし、数学などでは、逆に、この単語の意味を...

意味づけとは
物事に意味や理由をつける。意義や価値をもたせる。

意味付とは - コトバンク
精選版 日本国語大辞典 - 意味付の用語解説 - 〘他カ下一〙 物事に意味や理由を与える。物事に価値を持たせる。※Wee(1924)〈細田源吉〉「この話の終りは、罪のない豚どもをこんな風に意味づけた。━豚どもは広い世界を見たのだと」

辞書的にはこのように定義されています。
解釈はいわば外から内への思考のプロセスであるのに対して、意味づけ内から外に働きかける思考のプロセスだといえると思います。

このように実は着眼するポイントが真逆であるため、私はORIDの Interpretative Question は 下記の二つに分けるべきだと考えています。

  • Interpretative Question
    解釈を問うための質問
    例)

    • 原因は何ですか?
    • どのように捉えていますか?
  • Meaning Question
    意味づけを問うための質問
    例)

    • どういう意味ですか?
    • 大切なことは何ですか?

つまり、ORIDではなくORIMD で考えることで物事を解釈するというプロセスと、解釈したことを意味づけるというプロセスの関係性を意識することができるようになるので、内省には向いていると思います。

ORIMD + 視点 + 時間

ORIMDについては前段で説明しましたが、それだけでは深い内省のプロセスには不十分だと考えています。

私は良い内省のためには個人、仲間、組織、社会といった世の中とのつながりを意識して内省をすることが大切だと思っています。それによって自分が本当にやりたいことは何かとか、社会に対して貢献したいことは何かという視点をもって内省ができるようになります。

また、時間についての意識を持つことも大切な視点だと思います。
過去にどのようなことを経験したのかや、未来にどのようなことを思い描きたいのかということを意識することで見えてくることがあります。

ORIMD + 視点 + 時間 という視点で内省のフレームワークを表現するとこのようになります。

過去からの学習と未来からの学習

最後に内省のための学習ループとして、過去からの学習と未来からの学習という視点で考察したいと思います。

赤線が過去からの学習プロセスです。青線が未来からの学習プロセスです。

過去に何があったのかということを基準にして、感情、解釈、意味づけ、決定と順番に内省していくプロセスを過去からの学習プロセスとしてとらえます。

未来からの学習プロセスは、決定、感情、解釈、意味づけ、事実と未来を起点として、将来の出来事を現在に引き寄せる学習プロセスです。

このように、過去から未来へ、未来から過去へとループさせながら内省していく方法を取ることで深い内省にたどり着くことができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。改めて内容をまとめますと次のようになります。

1. ORIDメソッドは解釈と意味づけを分けて考えるべき → ORIMD
2. どの視点、時間から物事をとらえるかを意識
3. 過去から未来へ、未来から過去へとループを回すように内省する。

みなさんも、このループを意識して内省を実践してみてください。
参考になれば幸いです。

関連ページ

  • 内省の大切さを知って社会とのつながりの中で前向きに生きよう
内省の大切さを知って社会とのつながりの中で前向きに生きよう - leprofront.tech
この記事では内省という言葉の意味やどうして内省をする必要があるのかということについて私なりの考えを紹介しています。反省とは違うんだよということや、他者との関係性の中でどうやって内省をしていくのかといった内容を掲載しており
  • 計画と振り返りで内省の習慣化ができるリフレクションノート販売決定!
計画と振り返りで内省の習慣化ができるリフレクションノート販売決定!
この記事では現在販売を予定している内省の習慣化のための「Reflection Notebook」について紹介いたします。 10月以降の販売を予定しておりますので応援していただけますと嬉しいです。
  • 内省を深めるフレームワークORIMD100の問い
内省を深めるフレームワークORIMD100の問い
この記事ではORIMDというフレームワークをベースに内省を深めるための問いを事実、感情、解釈、意味、決定と5つのカテゴリーに分けてそれぞれ20個、合計で100個紹介します。

参考ページ

おすすめ書籍


職場が生きる 人が育つ 「経験学習」入門

内省とは何かについて基本的な考えを学ぶのにおすすめの書籍です。経験学習モデルという有名なモデルが有るのですがその理解にも役立ちます。


週イチ・30分の習慣でよみがえる職場

職場のチームでどのように内省について取り組んでいきたいかを学びたい方におすすめです。


リフレクティブ・マネジャー 一流はつねに内省する (光文社新書)

内省の重要性についてより理解を深めたい方におすすめです。

フィードバックはこちら

  • Leprofront Tech を応援する

    最後までご覧いただきありがとうございました。もし記事の内容に価値を感じていただけたら、お気持ち支援していただけると大変嬉しいです。支援していただいたお金は今後の研究開発に利用させていただきます。

  • LINEに友達登録お願いします。
    友だち追加
    友達登録してくださった方には内省に役立つ質問集のモバイルアプリをプレゼントいたします。
    その他にも最新の情報やクーポンなどのお得情報も発信しております。

  • Twitterフォローお願いします。

    個人的なことやブログになる前の小ネタなどをいろいろつぶやいています。

  • 相談や質問を受け付けております。
    問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました