戦略的トラブルシュート – DECSARメソッドとは –

SRE
Gerd AltmannによるPixabayからの画像

はじめに

こんにちはSREエンジニアのMakiです。

この記事では戦略的トラブルシュートの方法論であるDECSARメソッドの紹介をします。

インフラ運用者の皆様、トラブルシュートって大変ですよね。
DECSARメソッドはトラブルシュートのやり方をアカデミックの視点から体系的に整理した戦略論です。
トラブルシュートのやり方に悩んでいるという方、ぜひこちらの記事をご覧ください。

DECSARメソッド

DECSARメソッドとは

DECSARメソッドは6つのステップで構成されるトラブルシューティング方法です。
トラブルシューティングの方法を学生に効果的に学習してもらうための標準化された手法としてCraig Ross氏とR. Robert Orr氏により考案されました。

DECSARメソッドは6つのステップ

  1. Defining the problem 問題定義
  2. Examine the Situation 状況調査
  3. Consider the Causes 原因分析
  4. Consider the Solutions 対応方針の検討
  5. Act and Test 実行と検証
  6. Review Troubleshooting 振り返り

これらをステップの頭文字がDECSAR です。

それぞれについて具体的に解説します。

Defining the problem 問題定義

最初のステップではまず問題を定義し、トラブルシューティングの担当者は効果的な解決策を見つけるきっかけを最大化にするためにシステムの誤動作の原因を慎重に検討するようにします。

Examine the Situation 状況調査

第2ステップである状況調査では、トラブルシューティングの担当者がシステムについて全体について観測し、正常に動作しているものとそうでないものの両方に注意を払い観測し、後から振り返れるように記録を残します。

Consider the Causes 原因分析

第3ステップでは、問題の原因を検討し、トラブルシューティングの担当者がシステム障害の原因として考えられる理由を複数提示、問題の原因である可能性に応じてそれらを順位付けする必要があります。

Consider the Solutions 対応方針の検討

第4のステップでは、問題の解決策を検討し、原因分析と同じように対応の順位付けを行います。また、最初に試した解決策が失敗した場合に備えて、別のトラブルシューティングの実行方法がある確認します。

Act and Test 実行と検証

次のステップである実行と検証では、解決策が実行され、有効性を検証します。このとき状況調査で確認した内容と解決策実行後の結果を比較します。

Review Troubleshooting 振り返り

最後に、システムが修復されたら、トラブルシューティングの担当者は今後の対応をより円滑に行えるようにするためにシステムについてより理解を深めるように努めます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。改めて内容をまとめますと次のようになります。

DECSARメソッドは6つのステップで構成されるトラブルシューティング方法で以下のステップから構成される。

  1. Defining the problem 問題定義
  2. Examine the Situation 状況調査
  3. Consider the Causes 原因分析
  4. Consider the Solutions 対応方針の検討
  5. Act and Test 実行と検証
  6. Review Troubleshooting 振り返り

トラブルシューティング・スキルは、ITプロフェッショナルにとって不可欠なスキルですが、抽象的で難しいと考えている方も多くいるかと思います。

まずは、このDECSARメソッドの考えを取り入れてどのようにトラブルシュートをするうえでの指標にしてみてはいかがでしょうか?

参考


◆無料でLINE@にて有益情報を配信していきます。興味がある方はどうぞ!
友だち追加

◆SREに関する相談や質問を受け付けております。
問い合わせ

コメント

タイトルとURLをコピーしました